腰椎分離症(ぶんりしょう)・すべり症の患者さん

おはようございます。

けんこうカイロプラクティックセンター|けんこう整体院(静岡市葵区)院長 体話プラクター 岩崎久弥です。

今日は、平成25年4月10日(水) 午前5時31分

昨晩は、8時に眠ったので、すっきりした朝を迎えることができて(-^_^- )

さて今日のブログテーマは、

腰椎分離症(ぶんりしょう)・すべり症の患者さん

腰椎分離症・すべり症

当センターに、はじめて来院された中学3年生のTさん

いろんな治療院や病院をまわっていらしたことを教えてもらいました。

遠くは兵庫県まで治療に行ったそうです。

Tさんばかりではなく、患者さんは不安をもって病院や治療院に行くので

不安感を煽るような事は言ってはいけないのです。

私の師匠は、私によく言いました。

「まずは患者さんの不安感を和らげよう」

と、

それから10年

患者さんの不安を解消するのが私の使命だと思いながら、患者さんと接しています。

症状・病状について、しっかりとした説明をして

どのようにしていったら回復するのかどうかを話し、

患者さんの不安感を解消させます。

腰椎分離症は、激しいスポーツをやってはいけないという根拠はありません。

アテネ・北京オリンピック 2大会連続金メダル獲得 女子柔道 谷本 歩実(たにもと あゆみ)さんも、

腰椎分離症に悩まされていたようですが、

2大会連続の金メダル獲得

腰椎分離症だから、スポーツができないという定説を覆す活躍です。

脊中側弯症のウサイン・ボルトしかりです。

当センターは、患者さんの症状を回復させることも目的としていますが、それ以上に重要視しているのは、

患者さんがやりたいことをサポートすることです。

患者さんの夢をサポートするセンターです。

検査・治療を終えて思ったのは、Tさんの症状は、腰椎分離症・椎間板ヘルニアではないということ

ただ体幹のバランスが悪くなっていましたので、

そこを修正するケアをしました。

これからの回復プログラム立てたので、これからの治療が楽しみです。

成長痛・腰椎分離症・腰椎すべり症で悩んでいる患者さん

ぜひ当センターにご来院下さい


スマホ・携帯電話でこちらをクリックするとすぐに電話がつながります。


当センターの診療時間・予約電話番号

静岡市|カイロプラクティック|整体

ホームページからのWEB予約


第1、第2希望をお書き下さい。例:2012年12月24日 午前10時希望 2012年12月25日 午後4時希望
ハイフン(ー)無しの半角数字でご記入下さい。固定電話・携帯電話どちらでもOKです。
お電話・メールどちらの連絡を希望しますか?


オフィシャル・メルマガの登録はこちらです。

お名前(姓) *
メールアドレス *

*は必須入力です




a:5568 t:7 y:13

コメント


認証コード9435

コメントは管理者の承認後に表示されます。