治療法がないといわれる新規発症持続性連日性頭痛に対する施術を考えてみる5






新規発症持続性連日性頭痛のイラスト

静岡市葵区の口コミNo.1カイロプラクティック整体院|けんこうカイロプラクティックセンター

治療法がないといわれる新規発症持続性連日性頭痛に対する施術を考えてみる5





新規発症持続性連日性頭痛(しんきはっしょうじぞくせいれんじつせいずつう)について『その5』です。




2018年1月14日

インフルエンザにかかる

インフルエンザで学校を休む


マインドマップ





インフルエンザが治って、部活に復活

病み上がりなので、練習についていけない

インフルエンザ前にAグループにあがっていたが、インフルエンザにかかってBグループに落ちるかと思っていたけど、Aグループのままだった。

先輩達のケースでは、休んだ後はBグループで調整してからAグループにあがって来ていた・・・・・・・これがストレスだった。




T君の心理を分析

Aグループのままだから、がんばらないといけない

しかし練習についていけない

自分のせいで練習メニューがかわる

先輩から「病み上がりだから仕方ないよ」と言ってもらった → 余計がんばらないといけないと思う

足を引っ張ったと感じ、責任を感じた

監督からの評価を気にする


T君が自分で自分の性格を分析

周りに人の発言を気にする

周りの人にどう思われているのか気になる。







この時点でT君の頭痛は、

5/5 → 2/5まで減少していました





魔法の問診を終えた時点で、頭痛が減少

\(^O^)/




魔法の問診は、問診テクニックではなく施術テクニックだと実感する瞬間です。

T君はきっとストレスを感じていたのですが、ストレスと押し込めていたのだと思います。




この時点で、新規発症持続性連日性頭痛の痛みのプログラムを書き変えるヒントがわかりました。





ここで昨日のブログを終えたのですが、このあと神経学検査をしてみると

自律神経バランスが若干悪化していることが判明

左脳と右脳のアンバランスがあるようでした。

自律神経バランスを測定





瞳孔反射などをチェックするとかなり神経系にダメージがある




こういう時は、あまり体を刺激しない方がいい




しかし、T君は、毎日のように高位電位治療を受け続けている

このような刺激は、あまりしない方がいい

新規発症持続性連日性頭痛に電気治療





その後、最低限の施術を行ったところ。

2/5 → 0/5





2ヶ月以上治らなかった新規発症持続性連日性頭痛の痛みのなくなっていました。

痛みが0/5ですよ。

T君、良かったね

お母さま良かったですね。




身体は治りたかったのに、余計な刺激を受け続けていたのできっと治りきれなかったのでしょう。




ただし、初回の施術で痛みが0になったからといって再発していたら困ります。




再発しないようにするために、けんこうカイロプラクティックセンターではあることを患者さんにしていただきます。

えっ・・・何するの?

ご興味ある方はいるかもしれませんが、これは企業秘密にしておりましょう (#^.^#)




このあと、T君の新規発症持続性連日性頭痛はどうなっていくのでしょうか?

また報告します。



今までの施術の過程をふりかえりたいあなたへ

その1は、こちらをクリックするとみられます。

その2は、こちらをクリックするとみられます。

その3は、こちらをクリックするとみられます。

その4は、こちらをクリックするとみられます。





今日もあなたにとって、よい一日でありますように (*^o^*)

Have a good day and good luck.

ブログのサイン



このブログNo.1994(2018年090回)は、平成30年3月31日(土) AM5:20に更新しました。(*^o^*)






昨日のブログへのアイコン 明日のブログアイコン200pixel





LINE@からでも予約できます。

LINE@からの予約方法手順

友だち追加を押してLINE@に登録して下さい。

LINE@200

友だち追加



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

返信メールがLINEに届きますのでメッセージを送付して下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

LINEネームが本名でない方は、本名の記入をお願いします。

お名前(カタカナ):

連絡先携帯電話番号:

メールアドレス:

第1希望予約時間:  

第2希望予約時間:

症状:

初診・再診?:

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








ご予約はこちらをクリック2

予約はとても簡単

約1分で予約完了。

そのクリックが、痛みのない生活への第一歩です。