吃音の治療は、心理カウンセリングや薬では治らない理由

どもり|吃音|治療




静岡市葵区の口コミNo.1カイロプラクティック整体院|けんこうカイロプラクティックセンター

吃音の治療は、心理カウンセリングや薬では治らない理由





吃音で悩んでいるあなたへのメッセージとして今日のブログを書きます。




昨日、30年以上、吃音に悩んでいる男性が来院されました。

今、けんこうカイロプラクティックセンターには、3名のどもり・吃音の患者さんが来院されています。




吃音症


吃音症(きつおんしょう、英: stammering symptom)とは、言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。「発語時に言葉が連続して発せられる」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示す[1]。


WHO(世界保健機関)の疾病分類「ICD-10」では、「会話の流暢性とリズムの障害」、「吃音症」[2]に分類され、米国精神医学会の2013年発表DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル)では「Childhood‒Onset Fluency Disorder (Stuttering) 小児期発症流暢症/小児期発症流暢障害(吃音)」と表現されている。日本国内においては「どもり」、「吃音」とも言われているが、特に近年「どもり」は差別用語や放送禁止用語とみなされており、公の場で使われなくなってきている。



吃音の原因には、児童の発達性のものと、後天的なもの(たとえば頭部外傷)が挙げられる[3][1]。発達性の吃音は、2歳で発生することが多く、成人では0.8〜1.2%[1][3]、学齢期の子供で約1.2%、5歳までの子供では約5%が吃音者であるといわれ、その4分の3のケースは治療の有無にかかわらず時間と共に解決する[1][3]。子供の頃は本人が気づいていない場合も多い。吃音の程度や吃音の症状が出る言葉や場面には個人差があり、千差万別である。





吃音症が原因不明であるため決定的な治療法がない。吃音を障害認定している国もある。例えば、アメリカでは連邦障害者法、ニュージーランドでも法律により障害として扱われる。ドイツでも、障害認定を受けることができる。このように、法的に吃音症患者を保護する体制作りが各国で求められている。日本国でも吃音に対する社会保障がある。2005年より吃音が発達障害者支援法に含まれるようになった。精神障害者保健福祉手帳を希望すれば軽度であっても取得できる障害者である。 吃音で身体障害者手帳を取得しているケースもある。この曖昧な部分については厚生労働省によると発達障害者支援法に吃音が含まれるという立場になっている。吃音という診断を使わなければ身体障害の可能性もあるという。[4]





あらためてWikipediaで検索をしてみると、どうやら【どもり】という言葉は、差別用語にあたるらしい・・・

なんとなく【どもり】【どもる】って言葉の響きがわるいから賛成

障害者の方を、障碍者という感じにするのも私は賛成

吃音も障害者手帳を取得できるということをしって、ホッとしました。






吃音って、本当につらいんです。

私、小学生の時、つらくてつらくて何度も【学校へ行きたくない】【死んでしまいたい】なんてこと考えていましたから。

なのに私は6年間、皆勤賞




辛かったけど、よくやりました。




昨日来院された会社員のSさん

私と話をしている時は、ほとんど吃音を感じません。

しかし会社での電話対応などでは吃音がでてしまい。




心療内科や心理カウンセリングを受けています。




自分が吃音症だったからわかりますが、はっきり言います薬や心理カウンセリングでは治りません。

声を大にしていいますが、心理的な領域ではないんです。




私の手元に、約80年前に出版された吃音症の冊子があります

私が中学生の時、東京でもらった冊子

内容は、みただけではわかりません

単語が書いてあるだけ。

どのように活用していくかわからないと意味なし

80年前の冊子

私、これからわかりやすいように書き換えて出版して、おおくの吃音症で困っている人を助けたいと思うようになりました。

そうでないと、意味のない薬を服用したり、カウンセリングをしつづけるようになるから。




吃音で悩んだことないから、わからないんです。

カウンセリングじゃ、わからない

脳のスイッチの問題だから。

発声ジストニア

発声イップスといってもいい症状だから。




吃音は、歌では起こらない

吃音は、みんなで音読するような時は起こらない





吃音には、リズムと自律神経などの脳機能が関係しています。

この事がわかれば、吃音から開放される方が多いです。










今日もよい一日でありますように (*^o^*)

Have a good day and good luck.

ブログのサイン平成30年3月11日(日)



このブログNo.1981(2018年078回)は、今の日時は、平成30年3月17日(土) AM6:26 に更新しました。(*^o^*)






昨日のブログへのアイコン 明日のブログアイコン200pixel





LINE@からでも予約できます。

LINE@からの予約方法手順

友だち追加を押してLINE@に登録して下さい。

LINE@200

友だち追加



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

返信メールがLINEに届きますのでメッセージを送付して下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

LINEネームが本名でない方は、本名の記入をお願いします。

お名前(カタカナ):

連絡先携帯電話番号:

メールアドレス:

第1希望予約時間:  

第2希望予約時間:

症状:

初診・再診?:

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








ご予約はこちらをクリック2

予約はとても簡単

約1分で予約完了。

そのクリックが、痛みのない生活への第一歩です。