東北地方から来院される痙性斜頸で脳を手術したのに症状が変わらなかったTさんが回復

人目|頚部ジストニア・痙性斜頸




静岡市葵区の口コミNo.1カイロプラクティック整体院|けんこうカイロプラクティックセンター

東北地方から来院される痙性斜頸で脳を手術したのに症状が変わらなかったTさんが回復





東北地方から静岡まで頚部ジストニア・痙性斜頸のケアで来院して下さるTさんが来院




最近は、数週間に一度の来院でもOK




ずっと気になっていた人目も気にならなくなってきた

頚部ジストニア・痙性斜頸の患者さんは不思議と人目を気にする方が多い

人目 = 評価



人目を気にする頚部ジストニア・痙性斜頸





実は、Tさんは公共交通機関の運転手さん

いつもお客さんから評価されている

クレームも多いそうです。

正確にいうと評価されていると思い込んでいる




頚部ジストニア・痙性斜頸の思考パターン

人目を気にする

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

目をそむけたくなる

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

首が一方向を向いてしまう

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

頚部ジストニア・痙性斜頸になってしまう

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ますます人目を気にする

※頚部ジストニア・痙性斜頸の方は、レジに並んでいる時に店員さんの目を気にしたり、レジの後ろに並んでいる方の目を気にする

頚部ジストニア・痙性斜頸とレジの行列


※駐車場からお店に入るまでの間、車にいる人の人目(多分、実際にはみていないとわかっていても気にする)







今までは、新幹線内での人目や静岡駅からけんこうカイロプラクティックセンターに来院されるまでの道での人目を気にされていましたが、最近は、ほとんど気にならなくなっている。






Tさんは、仕事復帰を考えているのですが、仕事に復帰してまた多くの人に評価されたときどういう風になるのか心配になるようです。




先日、鹿児島県から来院された頚部ジストニア・痙性斜頸の患者さんも人目を気にされている




評価を気にしすぎると良くないです。

この評価に対する認知の歪みを調整するのが、魔法の問診




Tさんは、3月に仕事に復帰する目標をもっています。

Tさん、人目・評価に関することをしっかりと認識すれば、仕事復帰できるはずです。

遠方からの来院ありがとうございました。

頚部ジストニア・痙性斜頸の患者さん







今日も1日、がんばっていきまっしょい

Have a good day.



このブログNo.1964(2018年061回)は、今の日時は、平成30年2月28日(水) AM6:25 に更新しました。(*^o^*)






昨日のブログへのアイコン 明日のブログアイコン200pixel





LINE@からでも予約できます。

LINE@からの予約方法手順

1,まずはこちらからLINE@に登録して下さい。





ご予約はこちらをクリック2

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

返信メールがLINEに届きます

返信メールがLINEに届きます

予約はとても簡単

約1分で予約完了。

そのクリックが、痛みのない生活への第一歩です。