病院で胸郭出口症候群と診断されている女性の手のしびれ

手のしびれ|胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)




静岡市葵区の口コミNo.1カイロプラクティック整体院|けんこうカイロプラクティックセンター

病院で胸郭出口症候群と診断されている女性の手のしびれ







胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)という疾患をご存じでしょうか?

つり革につかまる時や、物干しの時のように腕を挙げる動作で上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じます。また、前腕尺側と手の小指側に沿ってうずくような、ときには刺すような痛みと、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害に加え、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。




手指の運動障害や握力低下のある例では、手内筋の萎縮(いしゅく)により手の甲の骨の間がへこみ、手のひらの小指側のもりあがり(小指球筋)がやせてきます。

鎖骨下動脈が圧迫されると、上肢の血行が悪くなって腕は白っぽくなり、痛みが生じます。鎖骨下静脈が圧迫されると、手・腕は静脈血のもどりが悪くなり青紫色になります。

http://www.joa.or.jp/public/sick/condition/thoracic_outlet_syndrome.htmlより







手のしびれや痛みが特徴です。




しびれって何?

そんなことを考えた事ありますか?






しびれには、2種類あります。

1,長く正座した後のようにジンジンする異常な感覚の場合

2.手や足に力が入りにくい運動麻痺の場合







このうち1の長く正座した後のようにジンジンする異常な感覚の場合は、血流が悪くなっていると考えるといいでしょう。

正座でしびれる





もうひとつは筋膜・筋肉の痛み

筋膜性疼痛症候群
(きんきんまくせいとうつうしょうこうぐん、Myofascial Pain Syndrome:MPS)

筋膜(Myofascia)の異常が、原因となって痛みやしびれを引き起こす病気。







なぜ筋肉が痛むのか



筋膜性疼痛症候群になってしまうのか?

重い物を持ったり、無理な姿勢等により繰り返し筋肉に負荷をかけると筋膜が過負荷状態になります。

スマホを長時間やっていませんか?

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)とトリガーポイント





首や肩・背中ばかりでなく、胸などの筋膜にも負担が長時間かかります。




スマホ首やゲーム首といわれるのがこれ!



筋膜の過剰な負荷 → 筋肉痛になり、通常なら数日で回復




しかし、スマホやゲームなんて毎日しますよね。

ゲームで胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)





そうなると毎日繰り返し筋肉に負荷がかかります

その上、今の寒い時期、縮こまった姿勢で血行の悪い状態が続くと、負担かかかった筋膜は自己回復できなくなる

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

この状態が筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態




いわゆるトリガーポイントと言われる状態




ちょっとマイナーな筋肉ですが

烏口腕筋(うこうわんきん)が緊張した状態だと腕や手にしびれや痛みを感じます。

烏口腕筋トリガーポイント|500
※Trigger Point Manualより




鎖骨下筋(さこつかきん)でも腕や手にしびれや痛みを感じます。

大胸筋と鎖骨下筋のトリガーポイント|500
※Trigger Point Manualより





胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)としてひとくくりにしてもダメな理由です。




でもでもでも

でもでもでも

病院で胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)と診断されちゃうと、胸郭出口症候群を思い込んでしまう。

たしかに胸郭出口症候群かもしれませんが、病院の治療で治らないヒトは、筋膜性疼痛症候群かもしれません。

もしかしたらと思ったら、けんこうカイロプラクティックセンターにご来院下さい。

もしかしたら筋膜性疼痛症候群のケアをしたら、しびれや痛みがスッキリする可能性があります。(*^▽^*)




今日もブログを読んで下さりありがとうございます。




あなたも良い1日をお過ごし下さい。

Have a good day.




このブログNo.1948(2018年045回)は、今の日時は、平成30年2月14日(水) AM6:23 に更新しました。(*^o^*)






昨日のブログへのアイコン 明日のブログアイコン200pixel









ご予約はこちらをクリック2

予約はとても簡単

約1分で予約完了。

そのクリックが、痛みのない生活への第一歩です。