一度も来院されたことのない方が、けんこうカイロプラクティックセンターに期待すること






患者さんがけんこうカイロプラクティックセンターに期待すること




静岡市葵区の口コミNo.1カイロプラクティック整体院|けんこうカイロプラクティックセンター

一度も来院されたことのない方が、けんこうカイロプラクティックセンターに期待すること







けんこうカイロプラクティックセンターに限らず、病院や治療院に行くときに期待すること

それはなんでしょうか?







例えば、インフルエンザが大流行していたとき

急に熱が出たら、あなたはどうなことを考えますか?

自分がインフルエンザだったらどうしようと思いませんか?

風邪を引く





数時間前のニュース

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

インフルエンザが大流行している。厚生労働省が26日発表した全国約5千カ所の定点医療機関から報告された最新の1週間(15~21日)の患者数は、1医療機関あたり51・93人。前週から2倍近くに急増し、警報レベルの30人を大きく上回った。現在の調査方法となった1999年以降で最多という。

インフルエンザ患者報告数


 厚労省によると、全国の推計の患者数は約283万人で、前週から112万人増えた。年齢別では5~9歳が約59万人と最も多く、10代も約40万人に上った。

 都道府県別の定点1医療機関あたりの患者数は、鹿児島が最も多く86・53人。次いで、宮崎84・97人、福岡83・99人、大分82・40人、佐賀69・64人と続く。東京は49・67人、愛知は62・12人、大阪は44・17人だった。計44都府県で警報レベルを超えた。

 休校や学年・学級閉鎖をした保育所や幼稚園、小中高校は全国で7536施設に上り、前週の161施設から50倍近くに急増した。

 ウイルスは直近の5週間では、2009~10年に新型として流行したA型のH1N1とB型が同程度で全体の8割超を占めた。毎年2~3月に流行するB型が例年より早めに増えている。複数の型のウイルスが同時に流行し、患者数を押し上げているとみられる。

 インフルエンザに詳しいけいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は「子どもを中心にB型の感染が広がっているとみられる。今後、大人にも高齢者にも広がる恐れがあり、注意が必要だ」と指摘する。(土肥修一、福地慶太郎)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000021-asahi-sociより





こんなニュースをみたあとだと、早めに病院に行くと思います。

その時、患者さんが期待するのは、自分がインフルエンザかどうか?

風邪だったら薬を処方してもらおうと考えると思います。

インフルエンザの薬







このようなケースでは、内科や耳鼻科を受診すればいいと考えるでしょう。






しかし、腰痛などは違います。

病院に行ってもなかなか治らなかったケースなどでは、同じような症例をもっている病院や治療院をさがすと思います。






そんな時に、患者さんが期待するのは

[check]自分の状態がどのようになっているのか

そして

そして

そして

最も重要なのは、施術者が本当に信用のできる人なのか?

自分の症状や痛みから救ってくれる人なのか?

それを考えると思います。






私は、大した施術者ではありません。

人を救えるなんて思っていた時期もありましたが、今は伴走するという表現が一番いい







痛みや苦しい症状から、本当に良くなって欲しい

信用をえるために、もちろん施術効果は見極めていきますが、神様ではありませんので、すべての患者さんのお役に立てるわけではありません。






だから、患者さん方の信用をえるために、毎日ブログを更新し続けています。





今日は、少し更新時間が遅くなりましたが、お昼休みに更新できて良かったです。






一度も来院されたことのない方が、けんこうカイロプラクティックセンターに期待して下さる

ありがたいです。

誠心誠意のケアをしていきます。

今日もブログをよんで下さってありがとうございました。






あなたも良い1日をお過ごし下さい。

Have a good day.




このブログNo.1929(2018年026回)は、平成30年1月26日(金) PM2:39 に更新しました。(*^o^*)






昨日のブログへのアイコン 明日のブログアイコン200pixel









ご予約はこちらをクリック2

予約はとても簡単

約1分で予約完了。

そのクリックが、痛みのない生活への第一歩です。