第94回 箱根駅伝(2018)青山学院大学総合4連覇で考えた事






第94回 箱根駅伝(2018)の新聞記事


静岡市葵区の口コミNo.1カイロプラクティック整体院|けんこうカイロプラクティックセンター

第94回 箱根駅伝(2018)青山学院大学総合4連覇で考えた事





昨年末、高校駅伝の超有名校の選手が来院、ブログでもアップしましたが

やっぱりお正月の2日と3日は、箱根駅伝はいつもTV観戦

TVをみるといっても、一区と二区ぐらいしかみていないのですが、今回気になっていたのは、山登りの5区と山下りの6区

近年、この2つの区間が注目

山の神がいるのもこの区間

山の神と言われた歴代選手

1代目山の神 今井正人選手(順天堂大学)

2代目山の神 柏原竜二選手(東洋大学)

3代目山の神 神野大地選手(青山学院大学)

そして今年の6区、青山学院大学の小野田勇次選手(3年)が、58分3秒で区間賞を獲得して、一気に東洋大学を抜き去り1位浮上





劇的でした

私は往路優勝で東洋大学が優勝すると思っていた今年の箱根駅伝





ここでやっとブログテーマ【青山学院大学総合4連覇で考えた事】になるのですが、スペシャリストが重要




やっぱりね、スペシャリストですよ

今まで脳神経系のスペシャリストを目指してがんばっているのですが、ここ数年、こだわっているのが問診




私、今年は問診のスペシャリストになります。

こだわりにこだわった魔法の問診

さらに磨きをかけます。




そして先生達の問い合わせの多い、魔法の問診セミナーを開催していきます。







このブログNo.1908(2018年005回)は、平成30年1月5日(金) 午前5時18分 に更新しました。(*^o^*)






昨日のブログへのアイコン 明日のブログアイコン200pixel









ご予約はこちらをクリック2

予約はとても簡単

約1分で予約完了。

そのクリックが、痛みのない生活への第一歩です。




コメント


認証コード3580

コメントは管理者の承認後に表示されます。