足底腱膜炎になってしまった経緯を時系列で整理する






足底腱膜炎の部位


静岡市葵区の口コミNo.1カイロプラクティック整体院|けんこうカイロプラクティックセンター

足底腱膜炎になってしまった経緯を時系列で整理する






ランニングをはじめてから足底腱膜炎と診断されるまで

2016年4月

本格的にランニングを始める

ランニング|膝の痛み


2016年7〜8月

膝の皿(膝葢骨)の下部分が痛くなる。

スポーツ整形外科にて、レントゲン撮影

「骨には異常なし」と湿布と鎮痛薬で様子見

レントゲン 異常なし|膝の痛み


2016年9〜10月

ランニングの練習量を減らし、自然に治癒する

ランニングの練習を減らす


2017年1月

初めて市民マラソン大会(ハーフ)に出る。

以降、月1〜2回のペースで何らかの大会に参加するようになる。

マラソン大会|ランニング|足底腱膜炎


2017年2月

初めて30km走をする。

ここから1ヶ月程度、膝の痛みが再発する

膝の痛み


2017年3月

初めてフルマラソン完走

膝の不安は若干抱えたままとなりながらの大会であった。


2017年4月

マラソン大会に出場

山越えレースにつき、当時使用したインソール(市販)と足が合わず、足の皮が両足共にめくれ、1週間程度歩行困難になる。

皮膚科を受診し、鎮痛剤と塗り薬を処方される。

割と短期間で回復(2〜3週間)

足の皮がめくれる


2017年7月

左股関節にやや強い痛み有り

スポーツ整形外科にて、レントゲン撮影

「骨に異常なし」

湿布と鎮痛剤

レントゲン 異常なし|膝の痛み


2017年8〜9月

ランニング量を減らし、自然回復を待つ、ストレッチ等の運動により、おおむね良好になる。

ランニングの練習を減らす


2017年11月

ランニング練習中に右足底に強い痛みを感じる。

当初は、歩くのも辛く、スポーツ整形外科にて診断をうける。

レントゲン検査で「足底腱膜炎」との診断。

湿布、塗り薬、鎮痛剤を処方され、ほぼ1ヶ月あまり服用しても、痛みが完全にひくことはなかった。

歩行など、平常の運動はましになったが、走ると未だに痛みが強い。


2017年12月

右かかとに痛みがある。






このような経緯で足底腱膜炎になっています。

ランニングが関係していることは、まず間違いありません。

しかし重要なのは、なぜ右足のみ足底腱膜炎になってしまったのか?

走り方なのか?

2017年7月にあった左股関節にやや強い痛みも気になります。




けんこうカイロプラクティックセンターでは、痛みの部位の形はみません。

けんこうカイロプラクティックセンターでは、痛みの部位の形で痛みの原因を判断しません。

「骨に異常なし」なら何が原因なの?

「なぜ右足裏のみ痛みがでるのか」





構造ではなく、動き・機能を検査




今回のケースでは、足に問題があるというより

体幹に原因があるようです。

体幹バランス(原版)

イラストのように体幹は、全身に影響がでます。





足底腱膜炎は、やっぱり全身のケアをしないと良くならないと私は考えています。

このブログNo.1887 (2017年355回)は、平成29年12月14日(木) AM6:26 けんこうカイロプラクティックセンター(静岡市葵区宮ヶ崎町)にて更新しました。(*^o^*)






昨日のブログへのアイコン 明日のブログアイコン200pixel









ご予約はこちらをクリック2

予約はとても簡単

約1分で予約完了。

そのクリックが、痛みのない生活への第一歩です。




あなたが【足底腱膜炎】【踵の痛み】【アキレス腱炎】のインターネット検索でこのブログを読んでいたら下記のブログもぜひ読んで下さい。


【足底腱膜炎】に関するブログは

こちらをクリック

↓↓↓↓↓

【踵の痛み】に関するブログは

こちらをクリック

↓↓↓↓↓

【アキレス腱炎】に関するブログは

こちらをクリック

↓↓↓↓↓



Tag: 足底腱膜炎 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 脊柱管狭窄症 膝の痛み 治らない



コメント


認証コード0420

コメントは管理者の承認後に表示されます。