JISS(国立スポーツ科学センター)に行ってきました。

国立スポーツ科学センター

静岡市葵区の口コミNo.1カイロプラクティック整体院|けんこうカイロプラクティックセンター

JISS(国立スポーツ科学センター)に行ってきました。



昨日は、東京にあるJISS:Japan Institute of Sports Sciences 国立スポーツ科学センターに 世界陸上モスクワ2013 日本代表(陸上200m 4×100mリレー)


飯塚翔太選手に案内していただきました。


国立スポーツ科学センター(JISS:Japan Institute of Sports Sciences)日本のトップアスリートが集う日本スポーツ界の聖地


セキュリティーパスがないと入館できない場所


何度もセキュリティーがかかっている場所があるので、その都度チェックが入ります。


もう一つ気がついたのは、手を消毒する消毒薬がところどころに置いてある点


インフルエンザやノロウイルス感染を防いでいるのでしょう。


通路には、メダリストの写真


入賞者の写真などが飾られています。

ロンドンオリンピック入賞リレーチーム


陸上競技実験場・ハイパフォーマンスジムなどが興味深かったです。


カウンセリング室などもあり、心身両面から選手をサポート


さすが日本随一の施設


さらに、選手の宿泊棟・レストラン・大浴場・娯楽室


きっとオリンピックなどの選手村のような感じです。


写真も撮影したのですが、公開していいものかわかりませんので、ブログで紹介するのはやめにします。


とってもおもしろい写真がありますので、興味のある方は来院時に声をかけて下さい。


通路などですれ違う選手達は、きっと有名な選手なのでしょう。


名前を知らない私は、かなりもったいない状態でした。


丁度、ナショナルリレーチームの小林雄一(NTN)選手がいらしたので、飯塚選手と一緒に身体の軸の話をし、身体の調子を見させていただきました。


小林雄一選手は、世界陸上モスクワ2013でボルトと同じ組で走った日本を代表するアスリート

小林雄一選手、ウサイン・ボルト

ナショナルリレーチーム メンバー一覧
■男子(24人)

<400メートルリレー>
山縣亮太(慶応大)
桐生祥秀(洛南高)
塚原直貴(富士通)
川面聡大(ミズノ)
大瀬戸一馬(法政大)
九鬼巧(早稲田大)
江里口匡史(大阪ガス)
小池祐貴(立命館慶祥高)
飯塚翔太(中央大)
小林雄一(NTN)
高瀬慧(富士通)
藤光謙司(ゼンリン)
高平慎士(富士通)
ケンブリッジ飛鳥(日本大)
橋元晃志(早稲田大)



今年は、第1回世界リレー選手権大会(アメリカ)の開催年


リレーチームの活躍、目が離せません


飯塚翔太選手・九鬼巧選手・小林雄一選手・山縣亮太選手は治療をしたり、お話させていただいたりしてお付き合いがあるため、ぜひ活躍して欲しいです。




私も、治療者としてリオ・オリンピックに参加できるように、目標をしっかりと定めて、がんばります。

国立スポーツ科学センター(JISS:Japan Institute of Sports Sciences)にて

コメント


認証コード9789

コメントは管理者の承認後に表示されます。