けんこうカイロプラクティックセンター 静岡市

腰痛・肩こり治療最新情報

けんこうカイロプラクティックセンターの案内

けんこうカイロプラクティックセンター 案内

テクニックの紹介

症状などのQ&A

ストレスについて

患者さんの声

カレンダー 治療費 営業時間

ボランティア活動

院長のおすすめ 書籍 映画

リンク

ブログ

子育て日記

 

アクティベータメソッド

 

 

 


 パニック障害の患者さんからの手紙 29歳 女性

 現在、けんこうカイロプラクティックセンターで治療を行っているパニック障害の女性が治療の感想を書いて下さいました。
 パニック障害で悩む他の患者さんにきっと勇気を与えてくれることでしょう。





Google
 

 パニック障害の患者さんからの手紙

 先日、パニック障害で治療を行っていた20代の女性の患者さんから、手紙を頂いた。手紙を読んでいて、あー本当にカイロプラクターになって良かったと思いました。

 なんと、パニック障害だった方が、スキューバダイビングを楽しんでいるのです。私もダイブマスターという資格を持っていますので、よくダイビングのことはわかります。あの閉塞感の中、パニックを起こさずにいられることに感動です。

 パニック障害の方、あきらめないでください。

 

パニック障害

 

 パニック障害の患者さん達へのメッセージ

 最近、パニック障害の患者さんが一日に3人というような日があります、そのため電話での問い合わせも多くなっています。今日から、パニック障害の患者さんとの二人三脚のメッセージを送りたいと思います。

 患者さんが他のパニック障害の方々のお役に立ちたいという気持ちで、治療の感想文を書いていただきました。

 「カイロプラクティックでパニック障害が治るの」という疑問が少しでも氷解していただければ幸いです。

 

  患者さんの紹介  38歳 女性

パニック障害

 

 私がカイロプラクティック大学に在籍中は、カイロプラクティックは腰痛や肩こりなどだけに有効な治療法だという認識でしたが、心と身体の関係の知識を深めていくと、心の病気も身体の病気も同じに扱うことができるということを知りました。

 これからこの患者さんがパニック障害を克服するまでの課程を、詳細にアップしていきたいと思います。

 ホームページ以外にもメルマガで詳細をお送りできたらいいなと思いましたので、パニック障害にお悩みの方は、メルマガの登録をお願いします。

メルマガ登録・解除 ID: 0000223460
パニック障害からの脱出
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
 

 

 

 パニック障害・肩こり・腰痛・生理痛・冷え性

静岡市 Iさん(女性:28歳)

 肩凝り、腰痛、背中に手足と、私の場合は、体で痛い箇所が無い所の方が少なかった程でした。酷いときでは、痛みで眠れないことがしばしばあり、何も出来ない事が多く、このままではらちがあかないので通い始めることにしました。

 今まで、マッサージに整体、針灸と通いましたが、正直一度も効いた事がありませんでした。

 はじめて行った時は、少し改善できたらいいなと、思っていたのですが、治療方法の珍しさと、精神面(ストレス)の改善を図るという意味で、通い続けようと思いました。と、言うのもアクティベータ治療に出会う数ヶ月前にわたしは、色々なストレスを溜め込み、パニック障害になり、心療内科に通っておりました。ですので、ストレス面も、体の痛みも両方改善できれば、一石二鳥ではないかと、思ったのです。

 はじめの内は、心療内科との掛け持ち通院をしておりましたが、ふと、薬を飲まずとも眠れている自分に気付き、病院通いもしなくなりました。通うにつれて肩凝りや腰痛も減っていき、通い始めた当初との違いに驚いています。以前は左腕を上げる事が苦痛でしたが今は、簡単に上げる事が出来ますし、驚く事に生理痛も、冷え症より軽くなりました。体のバランスが整えばストレスも改善されると言うことが身をもって体験したと思っております。

院長 岩崎久弥のコメント

Iさん。患者さんの声をありがとうございます。

 来院初日に、Iさんに痛みのある場所などを記入していただいた紙には、不眠に悩まされ、全身に痛みがあるようでした、またパニック障害をということで様々なストレスを抱え、また症状を改善するために7種類もの薬を服用されておりました。

Iさんのストレスは、会社のことであったり、ご家族のことであったり、ご自分の将来のことであったりでした、それらが経絡の流れをブロックさせており、腰痛などを引き起こしていたようです。

 4回目の治療で、不眠がほとんど解消し、朝方まで眠れるようになり、その時のIさんのお顔がとても明るく私もホッとしました。

 初診時から10日後の5回目の治療の前日に、心療内科に行ったら4時間待たされて、また首や肩が痛くなったということでしたが、その頃から薬を服用しなくても眠れたり・症状が軽くなっていったようです。薬の服用は、決して悪い事ではありませんが、薬で症状をとることを出来ても、原因を特定することはできません。

 パニック障害などにも身体のバランスが関与しますので、パニックを起こしてしまう原因を追及していき、そこから施術を行います。Iさんは、ご自分から積極的に原因を追及し、「このストレスですか」とご自分から聞いてくれるのはよい結果につながったのでしょう。悪い記憶は思い出したくないものですが、そこが原因となり、身体にさまざまな症状を起こしていることは多くあります。

 現在Iさんは、メンテナンス治療を行い、新しい職場への復帰のための活動をされております。パニック障害でお困りの患者さんたちの目標になっていますね。ありがとうございます。

 

 ストレスによる身体の変調

埼玉県にお住まいのOさんの声

こんにちは
岩崎さんの治療について、私の率直な感想を書きます。

産後1年ぐらい経った2004年の1月頃から抑えきれない苛立ちに暴れ、果てしない体力の消耗に苦しみました。助けを求めた助産師さんが運良くボイスヒーラーで、カウンセリングを受けることが出来たため、自分がうつ状態であることやその原因が早い段階で理解できたので、心は少し楽になりました。しかし、首・肩・背中・腰・足などの身体の痛みと強張り、それにともなう不眠はカウンセリングではどうにもならず、その場しのぎの気休めにマッサージに通っていました。

自分の身体はもう一生このまま痛みが消えることはないのではないか・・・と半ば諦めながらも自分に合う治療法を探していたところ、岩崎さんの治療に出会えたのです。

初めて岩崎さんにお会いしたとき、優しいまなざしと柔らかい口調で迎えていただき、男性が苦手な2歳の娘も泣くことなく握手する姿を見て、私の心がとても和らいだので、安心して治療を受けることができました。最初の治療で、「私に合う治療はコレしかない!」と思いました。

まず第一に「痛くない」こと。痛くてたまらない身体で痛い治療を受けるなんて、そんな嫌なことはありません。岩崎さんの治療は、アクティベータ・インストルメントでパシュンと押すだけ。正直、最初は拍子抜けしてしまいましたが、その効果をしってしまった今では、毎日パシュンパシュンしてもいいくらいです。

次に「思い浮かべるだけで良い」こと。
思い出すのも辛いこと、悲しいことをカウンセリングでは口に出さなくてはなりません。これはとても苦しくて大変な作業です。それが岩崎さんの治療では口に出さす、自分の中で思い浮かべれば良いのです。私にとっては天と地ほどの違いです。

岩崎さんの治療を数回受けて、私の身体は痛みが和らいで活動的になりました。以前は身体にお伺いを立てながら外出するしないを決めていたのが、今では週末の予定を立てるのが楽しくてたまりません。

まだまだ自分の身体に不安はたくさんありますが、辛くなったら岩崎さんに診てもらえばいいんだ、岩崎さんが治してくれる、と思うと心も身体も楽になります。

 

 

 

院長 岩崎のコメント

 Oさんの症状は、産後からはじまり、首・肩・背中・腰・足など全身におよんでいました。また、原因不明で、10年前より、肩こりと足のだるさを訴えられていました。
 初診の時の検査では、首や腰の痛みの程度は6/10ぐらいで、かなり痛みを我慢しているようした。
  1回目の治療では、腰部と頸部に多くの神経のアンバランス(サブラクセーション)みられ、アクティベータメソッドで治療を施したところ、治療後には痛みの程度が2/10から痛みなしに減少していました。
  腰部や頸部のストレスの検査をしたところ、対人関係のストレスがあるようでした。

 2回目の治療を、1週間後にしたのですが、1回目の治療のあと3日間は調子が良かったとのことでした。痛みは、5/10ぐらいになっていましたので、検査をして治療をしました。その結果、痛みの程度は、2/10ぐらいまでに減少していました。
  ストレスは、対人関係・姿勢・飲み物・先行きとさまざまなストレスが検査の結果出てきており、 それに対してのストレス治療を行いました。

 対人関係のストレスは、ほとんどの患者さんで見られます。ただ、それを意識していない患者さんが多く、対人関係で抑圧されたストレスが、身体に影響を及ぼします。

 Oさんは、埼玉県で開業していたときの患者さんですが、静岡市に移転した今でも、新幹線で治療を受けに来ていただきました。ありがとうございます。
  やさしい旦那さんとかわいい娘さんに囲まれたOさんの元気になった顔が目に浮かびます。

 OさんはOさんのままでいいんですよ。なーにも変えることはありませんよ。

 

 腰痛のケース 腰痛に関連したストレスと決別

埼玉県 Nさん 34歳(主婦:小学1年生と幼稚園時のお子さんのお母さん)

治療の感想

 私は家事や子育てのせいで、首から腰にかけて筋肉が凝り固まっていました。横になっても背中が痛くて寝付けない日もありました。整形外科、針やマッサージを試しましたが、なかなか思った程の効果は得られませんでした。このまま歳をとったら身体が動かなくなるという不安から、自分にあった病院はないかと探しているところでした。

 岩崎先生の奥様と以前同じ会社だったという縁で、先生が独立開業したのを知り、治療をお願いしました。先生のやり方は今までの治療方とは全く違ったので、初めは驚きました。二本の足のズレを診て身体の悪いところを捜し当て、そこの神経を刺激し、自分の治癒力を引き出して治す方法は、薬嫌いの私にピッタリでした。

 毎回先生は私が理解しやすい様にビデオカメラを使って丁寧に説明してくれました。時間にとらわれず、私の健康状態にあわせて治療して頂いたので、3回の治療でとても楽になりました。肩凝り腰痛ははっきりした原因があるわけでなく、生活習慣やストレスからおこります。先生は治療するだけでなく、予防方もアドバイスしてくださいました。お陰様で以前ほど疲れが溜まらなくなりました。これからは健康な身体を維持出来る様に定期的に治療を受けたいと思います。

 

 

院長 岩崎のコメント 

 Nさんは、学生時代に体操の競技をされていた方で、柔軟性の高い身体の持ち主である。現在は、やんちゃな小学一年生の息子さんと、活発な幼稚園児の娘さんのお二人のお母様で、毎日家事や子育てに奮闘している。
  患者さんは、頭痛・頸部痛・肩のこり・腰痛を3年くらい前から、感じており、痛みの程度は、VAS:(Visual Analog Scale)で7/10であった。ROM:(Range of Motion)では、頚部では、左右の側屈の制限、腰部では、伸展時にL5付近の痛み、左右の側屈の制限、左右の回旋の可動性制限と左ASIS付近に痛みがみられた。
  アクティベータメソッドの検査では、腰部と頸胸移行部・肩関節にサブラクセーションが多くみられた。特に、左の腰方形筋と腸腰筋の緊張がつよく、L5・L4・L3・L2のサブラクセーションの治療後にも、まだ痛みが残っていたために、腰方形筋と腸腰筋の治療、その後のROM:(Range of Motion)の検査では、VASでは2/10に減少した。どうやら、小さいお子様の世話をしている姿勢が前屈みが多く、筋肉の緊張を起こし、神経のバランスを崩しているようであった。

 頸部痛の事をよく聞いていくと、3年ぐらい前に交通事故で、追突をされているということである。その時は整形外科で頚椎のけん引などの治療を行ったということであった。アクティベータメソッドの検査では、C7・C5・C1のサブラクセーションがみられた。治療後には、じわっと重だるい痛みが、減少していた。交通事故などの後の、神経バランスの崩れが、延々とあったものではないかと感じた。

 肩こりでは、第一肋骨・第二肋骨のサブラクセーション、左の肩甲骨の内方・上方、上腕骨の前下方・外旋がみられた。Nさんは、ジュエリーの制作を行うこともあり、精密な仕事を集中的に行うために、それがストレスになってたいたようであった。

3回の治療でほとんどの痛みやこりはなくなったために、現在では、健康維持のために定期的な治療を行っている。健康に対して、前向きなNさん、予防の体操も積極的である。身体が軽くなって、お子様達への笑顔が以前よりも輝いている。