カイロプラクティック 静岡市


けんこうカイロプラクティックセンター 静岡市

腰痛・肩こり治療最新情報

けんこうカイロプラクティックセンターの案内

けんこうカイロプラクティックセンター 案内

テクニックの紹介

症状などのQ&A

ストレスについて

患者さんの声

カレンダー 治療費 営業時間

ボランティア活動

院長のおすすめ 書籍 映画

リンク

ブログ

子育て日記

 

アクティベータメソッド

 

 

 条件反射エネルギー療法(CRET)とは
 心身条件反射療法(PCRT)とは
 ニューロ・パターン・セラピーとは

 CRETとは、Conditioned Reflex Energy Therapy (PCRT ニューロ・パターン・セラピー)の略で、日本語に訳すと、条件反射エネルギー療法となります。この治療法は、ドクターオブカイロプラクティック・鍼灸師・柔道整復師の資格をもつ、保井志之D.C.が長年の研鑽と臨床経験から、独自の発想に基づいて開発された、「心−神経系−身体にリンクした生体の条件反射を利用したエネルギー治療法」です。

 2005年2月、日本において、世界ではじめてセミナーが開かれた、新しい治療法です。

  西洋医学は、物質医学であるが、条件反射エネルギー療法はエネルギー医学(バイブレーショナル・メディスン)と例えられる。エネルギー医学とは、機械論的・還元主義的な立場から人間を機械とみなす、現代西洋医学の限界をこえるために、人間を「エネルギー」もしくは「エネルギー場」としてとらえなおして、人間を統合体として人間を扱う医学です。

  難しいことを書きましたが、人間は、たくさんの臓器が集まったものではありません。 人間は、機械と違って部品の寄せ集めではないのです。
  機械と違う最大のポイントは、人間は、感情・心を持つことです。条件反射エネルギー療法は、人間の感情・心が身体に及ぼす影響を重視しています。

心身条件反射療法

森林の中で気持ちよくなるのは、心と身体両方ともです。

出産後の後陣痛のケアとメンテナンスについて

〜心身条件反射療法 PCRT (ニューロ・パターン・セラピー)の症例報告1〜

患者 Aさん 30歳代 女性 

主訴
 出産後の後陣痛の痛みの緩和とメンテナンス

病歴 

子供を産むごとに、後陣痛が強くなり、産後の肥立ちを心配するようになった。

治療経過

Aさんは、妊娠中よりアクティベータ・メソッド・カイロプラクティック・テクニック(以下AMCT)と心身条件反射療法により、腰の痛みや身体のメンテナンスを行っていました。
3日前に第4子を出産し、出産後の後陣痛と産後の骨盤の調整を行うために来院されました。出産は陣痛から6時間後にされて、安産とのことでした。AMCTにおいて、身体の調整を行いましたが、妊娠中よりカイロプラクティックケアを行っていたせいか、特に大きな神経バランスの崩れはなく、標準的な治療を行いました。その後、心身条件反射療法にて、エネルギーブロックの検査をしていくと、肝経に先行きの不安の反応がでており、そのエネルギーブロックを解放したところ、後陣痛が和らいでいったいき、また治療中のお腹の中でピンポン球ぐらいのたまが降りていくような感じがあったとの感想をいただきました。

考察

妊婦さんが腰痛の時は、病院では、治療法が限られているために腰痛を我慢している方が多いようです。しかしAさんのように妊娠中から神経バランスと心のケアを行っていると、出産自体が軽くなるようです。また出産後はやく神経バランスと心のケアを行うと、産後の経過もよいようです。
お母さん方は、生まれてきた子供の先行きなどを考えて、身体バランスを崩すこともわかっていますので、産後に身体と心のケアを行うことをオススメします。

赤ちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出産後の子宮脱出のケア
〜心身条件反射療法の症例報告2 PCRT (ニューロ・パターン・セラピー)

患者 Bさん 30歳代 女性
 
主訴 子宮が外に出てしまう症状(子宮脱出)と出産後のメンテナンスを兼ねて来院。頭痛、頸部痛、歯痛、腰痛(起きあがる時に痛み)

病歴 
妊娠中より頭痛・歯痛・頸部痛・腰痛を訴えている。

治療経過
 Bさんは、第3子出産後7日目に助産師さんからの紹介で、けんこうカイロプラクティックセンターに来院されました。出産後から、起きあがれないほどの腰痛を訴ええていました。
まず、アクティベータ・メソッド・カイロプラクティック・テクニック(以下AMCT)で、身体バランスの調整を行ったところ、とくに大きな神経バランス異常はみられませんでした。AMCTでの治療後には、かなり腰の痛みも軽減していたのですが、まだ腰に痛みが残っていたので、心身条件反射療法にて、エネルギーブロックの検査を行っていくと、

  1. 子宮に過剰な恐れのストレス 出産後のストレス
  2. 頸部に精神的立場(嫁と妻の立場)でストレス
  3. 肺経に自分が幼いときの両親の不仲
  4. 小腸経に娘のストレス

の反応が見られました。
心身条件反射療法にて、それぞれのエネルギーブロックの解放を行ったところ腰痛は、起きあがることができるようになりました。まだ起きあがるときに少し痛みがでているので、継続治療をアドバイスしました。

考察
その後、頭痛・腰痛や子宮脱出はなくなり患者さんに喜ばれています。子育てのストレスもあり、いまは1週間に一度に治療を行っています。産後のお母さんは、睡眠不足もありいつも身体も心も緊張している状態です。それに家事のことをご主人や姑などに頼ることによるストレスもあります。生まれてきた赤ちゃんのためにも、健康な身体と心を取り戻しましょう。

 

 

葉状腫瘍(ようじょうしゅよう)
〜 心身条件反射療法 の症例報告3 PCRT (ニューロ・パターン・セラピー)

<患者さんの情報>

 30歳 女性 独身

 主訴:左胸にできた葉状腫瘍(約3センチ)・精神不安定・自律神経失調・対人関係不安。
 けんこうカイロプラクティックセンターの患者さんでもある父親の薦めで、来院。心身条件反射療法(PCRT)に対しての知識がある。

<施術の経過>

 2005年に総合病院を受診した結果、葉状腫瘍と診断、その後1年間で葉状腫瘍が大きくなっているために、乳房温存療法でなく、乳房をとる手術を進められた。しかし30歳ということもあり、手術を拒否。代替療法を選択。平成18年9月30日にけんこうカイロプラクティックセンターにて施術を開始。

 検査では、アクティベータ・メソッド・カイロプラクティック・テクニック(以下:AMCT)にて、身体のエネルギーブロック(以下:EB)が左肩関節付近に多くのエネルギーブロック(以下EB)あり。 心身条件反射療法(PCRT)にて、検査を行い、葉状腫瘍部に、対人関係(仕事)のストレスがみられた。

 初診時より、約2週間に一度の頻度で治療を行い、5月26日までに23回の治療を行う。
 いつもみられるストレスは仕事の対人関係(上司への対応)
平成19年5月に、総合病院で1年ぶりに、US検査、MRI検査などを行い、葉状腫瘍が小さくなっていることを確認、医師が腫瘍部位のみの摘出手術可能と判断したために、手術を選択し、同年6月1日に葉状腫瘍手術。

 また手術後には、乳房の腫れと痛みを訴えて、術後1週間目に来院。 肉体面のEBは、肩関節周辺と脊中に多く見られ、 感情のEBは、切除した部位の病理診断の結果を心配がありました。


<病理診断の結果>

 病院での病理診断の結果は、葉状腫瘍ではなく良性乳腺疾患の線維腺腫とのことであり、ほっと一息。乳房の全摘手術を選択しなくて、本当によかったとのことであった。

けんこうカイロプラクティックセンターの施術目的は、葉状腫瘍をなくそうという治療ではなく、自然治癒力を最大限に活性化し、腫瘍の付近にみられる精神的なストレスを解放し、身体が緊張をしないようにすることである。腫瘍は原因ではなく、結果ということを念頭において施術をすすめています。病院での診断結果を否定するのではなく、その診断結果にもとづいて、どのようにしたら自然治癒力を最大限に活性化できるのかということをいつも考えています。

 

 

  条件反射とは 〜 心身条件反射療法 PCRT (ニューロ・パターン・セラピー)編 〜

  2005年7月16日放送の、「サザエさん」の一コマで、
  サザエさんが白衣を着た男の人と道で出会って、挨拶をしていると。タラちゃんがサザエさんの後ろに回って、男の人から隠れている。
  サザエさんが「お寿司屋さんに失礼でしょ!」というと、
  タラちゃんは「お医者さんじゃなかったですか・・・。」と答える。

 タラちゃんは、白衣を着ている人 = お医者さん だと勘違いをしていたのです。

 次のシーンでは、おばあちゃんと背広をきた男の人が挨拶をしているのであるが、タラちゃんはニコニコ。
  「あの人はだれですか?」とタラちゃんがおばあちゃんに質問すると、
  「お医者さんですよ。」との答え、そうするとその直後に、ブルブルと震えているタラちゃん。

 これは、お医者さんのイメージ = 注射などが怖い という条件反射です。
  うちの息子も、白衣をみただけで、泣き出します。(予防接種などで、痛い思いをするからでしょう。怖いお医者さんが多いということではありません。)

 

もっと分かり易い条件反射は、「梅干しをイメージするとつばがたまる」とか「熱々のジュージューのステーキのことを考えるとお腹がすく」などなど、日常生活ではよくある条件反射です。

 


ステーキのことを想像して、よだれがでる。

 

 

 パブロフの犬(1904年ノーベル賞受賞)の実験とは

  パブロフは、1904年にノーベル生理学賞を受賞しています。パブロフが発見した条件反射の実験、一般に知られている「パブロフの犬」です。この実験を、知っている人が多いと思いますが、簡単に説明します。

 


 この実験の結果、1のプロセスを何回か繰り返すと、ベルの音を聞くだけで、食物と同様に唾液の分泌を増えることが明らかになりました。
 また、ベルの音を聞くだけで、唾液が増える反応を示すようになった犬でも、1のプロセスを一切せずに2のプロセスを何回か繰り返すと、ベルの音に対する唾液分泌の反応はなくなることもわかりました。
 パブロフはこのような反射を生理的な「反射」と区別して
「条件反射」と名付けました。

 わかりやすい条件反射の例 〜 心身条件反射療法 PCRT (ニューロ・パターン・セラピー)編 〜

 

 

 条件反射がついてしまうのは、犬だけではありません。人間も同じです。上記のイラストのように、毎日、同じ上司に怒られ、そのときに腰痛があったりすれば、上司の顔を思い出しただけでも、腰が痛み出すということはあります。これば人間の条件反射です。

 

 感情の波動と臓器との関係
〜 心身条件反射療法 PCRT ニューロ・パターン・セラピー 編 〜

  東洋医学では、内臓は、感情の影響を受けやすいと言われています、その一例を図示します。

 肝臓は、怒りの臓器ともいわれ、「怒り」と関係があります。怒りの波動が、肝臓に伝わり、肝臓は、疲弊していきます。

 

 そのほかにも、幾つかをご紹介します。

怒り
喜び(笑い)
思慮
悲しみ
恐れ

 

 

 ニューロ・パターン・セラピー 心身条件反射療法 PCRT  の詳しい説明などは、
 こちらをどうぞ

 心身条件反射療法(PCRT) 
ニューロ・パターン・セラピー